鏡を見ている女性

鏡を見ていたら、左右対称なシミが見つかったという人は決して少なくありません。
早く改善しようと思うでしょうけれども、左右対称な場合は普通のシミとは違った方法でないと薄くなったり、なくなったりしません。
ポイントは、左右対称なことで、これは普通のシミではなく肝斑です。
自力でなんとかしたいと思うかもしれません。自分でできることもありますが、本当に肝斑で合っているかどうかを確認するためにも一度は皮膚科を受診しましょう。

肝斑でお悩みの方は医師に相談してみましょう

自分で判断すると、間違った判断をする恐れもありますので特徴的なシミであったとしても、念のために皮膚科を受診して医師に相談してください。
正しい診断をしてもらって、適切な治療を行う必要があります。

一般的なシミと同じように紫外線を浴びることも原因の一つですが、これだけではありません。
普段から日焼け止めなどをして対策をしていても防ぎきれないこともあります。
それは、紫外線によって肌がダメージを受ける以外の原因で起こっている可能性も否定できません。
一見、あまり関係がないように思われがちですが、女性ホルモンが大きく関係しています。
一般的には30代~40代の女性が肝斑に悩んでいると言われています。
この年代の女性は女性ホルモンのバランスが乱れやすいからかもしれません。

最近は、出産年齢が高くなったと言われています。
妊娠中や産後などに症状が出ることが多いのですが、これは女性ホルモンの影響だと言えます。
妊娠や出産によってホルモンバランスが変わるのでこの時期に症状が出やすいです。

経口避妊薬を使っている人も少なくないでしょう。
これは、ホルモンバランスを変えることで避妊するので、経口避妊薬を使ったことで症状が出ることもあります。
女性ホルモンが大きく関係しているということは、以上のことだけで肝斑の症状が出るとは限りません。
他にも様々な場面で女性ホルモンのバランスが乱れることはたくさんあります。

ストレス社会と呼ばれているほどですから、強いストレスを感じることも少なくないでしょう。
ストレスを受け続けることによって、自律神経が乱れてしまいホルモンのバランスが乱れることもあります。
他にも物理的な刺激を与えることでも症状が出ることがあるので気を付けましょう。
このようなことが思い当たるようであれば、医師にそのことを伝えてみてください。
問診の際に聞かれるかもしれません。
シミの中でも治りにくいので、早期に受診することが重要です。

肝斑は両方の頬の上の方にできますから、他のシミと区別しやすいでしょう。
自分である程度は判断できますが、他のシミが同時に発生することもあるのでそうなると区別しにくいこともあります。
他のシミよりも輪郭がぼやけていますし、必ずしも両方の頬の上の方にできるとは限りません。
頬の上の方にできることが多いのですが、そうではないこともあるので自分で判断することが難しいこともあります。

医療機関で診療すれば、どのような治療が必要かがわかります。
レーザーを使った方が良いと判断されるかもしれませんし、治療薬を使った方が良いと判断されるかもしれません。
どのような方法であったとしても、早期治療した方が良いです。
早めに皮膚科を受診して、適切な治療を受けて治してしまいましょう。

治療が遅くなるとより状態が悪くなりますし、治りにくくなります。
完治するまでに時間がかかったり、なかなか治らないかもしれません。
鏡を見て、シミが気になったら早めの診療が重要です。

皮膚科の医師であれば、多くの患者を診察していますので正確な診断をくだしてもらえます。
間違った判断をして対策した場合は、シミが改善しないどころか悪化することもあるので自己判断は決して良いとは言えません。
痛みなどを伴う症状ではないために、受診することを躊躇する人もいますが、シミの治療も医療機関で行われていますので、躊躇することはありません。安心して医師に相談しましょう。

肝斑に効果がある治療薬はあるの?

実際に皮膚科を受診した際にどのような治療を行うことが考えられるのでしょうか。
シミと言えば、レーザーを照射することが多いです。
ただし、必ずしもレーザー照射するわけではありません。
とても良い治療薬があるので、それを処方されることが多いです。
トラネキサム酸が入っている治療薬を処方されるでしょう。

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、炎症を体内で引き起こすプラスミンを抑制する抗プラスミン作用を持っている成分です。
炎症を抑えてくれるので、口内炎やのどの腫れなど様々な炎症にも効果を発揮します。
他のシミに対しても良い成分ですし、もしも間違った判断をして市販されているトラネキサム酸が入った薬を服用したとしても特に問題はありません。

女性ホルモンが大きく関係しているのならば、トラネキサム酸にも何かホルモンバランスを整える働きがあるのではと思っていませんか。
残念ながら、トラネキサム酸にはホルモンバランスを整える働きはありません。

シミを抑えるためにはメラニンを発生させるメラノサイト発生因子であるプラスミンを抑える必要があります。
トラネキサム酸には、プラスミンを抑制する働きがあるので治療薬として使われています。
皮膚科を受診した際に処方されるかもしれませんし、ドラッグストアなどで市販薬として手に入れることもできます。

市販薬として登場したのはそれほど昔というわけではありません。
しかし、処方薬として長年使われてきた成分です。
多くの人がすでに使っていますし、とても実績のある成分と言えます。
本当に薬を飲むだけで改善されるのか不安に思う人もいるかもしれません。
トラネキサム酸自体は女性ホルモンを整えるわけではないとは言え、実績のある成分ですから信用して服用してみてください。

効果を実感している人も多いトラネキサム酸ですので、これだけで治療を完了させることもあります。
ただし、他の種類のシミもある場合は治療薬だけでは完治できないかもしれません。
そう言う場合は、レーザーを併用して行うこともあります。

ただし、肝斑はレーザーを照射することで悪化することがあるので気を付けなくてはなりません。
他のシミの場所だけに照射するなどして治療を行うかもしれません。

複数種類のシミが存在している場合は、優先して肝斑から治す必要があります。
内服薬を服用し続けていけば、完治するかもしれません。
ただし、いくら医薬品を使っているとは言え、簡単に効果が出るわけではありません。

大体、服用を開始してから1~2か月くらい経過すると効果を実感できるようになります。
もちろん、この間も紫外線対策などを行わなくてはなりません。
紫外線によって肌がダメージを受ければ治るまでの時間も長くなります。
早期に開始して、しっかりと対策を行えばきっとこのくらいの期間でかなり薄くなってきたと実感できているでしょう。

その治療が終わってから他のタイプのシミを改善するためにレーザーを照射するようになるはずです。
良い内服薬があるとは言え、これだけでは難しいのは他のタイプのシミもあることが多いからです。
以上のような流れで複数のタイプのシミがあってもすべてを改善することができます。

まずは、皮膚科を受診することからスタートです。
複数のタイプのシミがあると、より自己判断を誤る可能性が高くなります。
皮膚科でも1~2か月は効果が出るまでに時間が必要なので、自己判断は避けてください。
自己判断を行うにしても、シミ消すラボのようなシミの情報に特化したサイトで知識を深めてからにしましょう。

記事一覧
肝斑に効果的な食べ物で改善しましょう!

食べ物で肝斑を改善してみませんか。治療するのとは違って即効性があるわけではありません。治療をしながら...

2020年01月20日
シミや肝斑に効果があるレーザー治療とは?

皮膚科を受診すると適切な治療を受けることができます。シミや肝斑の治療法は様々で、原因によっても変わり...

2019年12月16日
肝斑を悪化させないために行うこととは?

これ以上できてしまった肝斑を悪化させたくないと思ったら、自分でできることをしてください。ストレスによ...

2019年11月10日
女性特有のしみである肝斑について知ろう!

肝斑は普通のしみとは違い、女性特有のしみです。だから、紫外線対策をしているだけでは防ぎ切ることができ...

2019年09月12日
産後にシミや肝斑が一気に増える理由とは?

赤ちゃんを出産した後に、シミや肝斑が目立ってきたと感じていませんか。そう言う女性は決して少なくありま...

2019年10月16日
シミや肝斑ができる原因と対処法

なぜ、シミができたり女性特有の肝斑ができるのかと言えば、どちらにも共通している原因は紫外線です。しわ...

2019年09月30日